金子屋

UP DATE:2018.8.20

吉祥寺駅北口から徒歩5分。東急百貨店から至近の吉祥寺通り沿いにある天丼屋。
この日は11時過ぎに訪問したのですぐに入店できましたが、ランチタイムは並ぶことが多い人気店です。
狭くて暗い階段を上がるので「このお店、大丈夫?」と不安になる方もいるかもしれませんがご安心を。お店の扉から店員さんが顔を出して気持ちよく案内してくれます。

メニューはシンプル。天丼のみです。
松(穴子)1380円、竹(鱚:キス)980円、梅(舞茸)880円の3種類。
基本となる具材はエビ、卵、海苔、ししとう、かき揚げで、松・竹・梅によって上記の具がメインとして入ってきます。

スポンサーリンク

こちらが竹の天丼。エビ2尾と鱚が空に向かってピンと立っています。
天丼は胃がもたれるイメージがあるのであまり食べないのですが、ここの天丼は本当に美味しかった。

まず衣はそこまでカリっとしているわけではなく、熱々でもありません。
少し低温で揚げている印象でしたが食べやすい。

かき揚げは貝柱が入っていますがフワフワの食感。一口目で柚子の香りも鼻に抜けてきました。
エビはプリップリで鱚はホクホク。尻尾まで美味しく食べることができます。

揚げてある海苔の香りもよく、卵にも感動。
というのも、前半で卵を割ったら残りのお米全てが黄身と混ざってしまうと思ったので最後まで食べずにとっておいたのですが、そんな心配はいりませんでした。
卵を箸で割ってみると、半熟でありながらもお椀全体に黄身が行き渡ってしまうほど生ではない絶妙な状態。

また、注文時に「味噌椀も付けますか?」と店員さんが聞いてきます。
120円追加になりますが、是非味噌椀も試してください。
1口飲んだら行ったこともないのに「料亭の味」というキーワードが頭に浮かびました。


こちらは松(穴子)の天丼。1380円です。
サクサクフワフワの大きな穴子の天ぷらは迫力満点。白米を口に入れるまでにかなり時間がかかるほど天ぷらのボリュームがあります。


テーブルには無料で食べ放題の漬物が置いてあります。
金子屋に通い慣れている人は、天丼が出てくる前にこの漬物をポリポリ食べてますよ。


・店舗情報
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-17 2F
電話:0422-20-4008
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:水曜日



・金子屋 地図

スポンサーリンク

ページ先頭へ戻る