ゆりあぺむぺる

UP DATE:2018.6.14

吉祥寺駅南口を出てバス通りを三鷹方面に歩いてすぐ。
アンティークが醸し出す雰囲気が抜群。喫煙者も寛げる老舗の喫茶店です。
派手な看板の飲食店が乱立するエリアのため、意識していなければ見逃してしまうかもしれません。

スポンサーリンク

扉を開けると「カランカラン」と鈴が鳴り、店内はアールヌーボーの照明が薄く灯っています。
一旦、店内に入ってしまえば吉祥寺の喧騒はシャットアウト。クラシック音楽が静かに流れ、12時、13時などぴったりの時間になると、店内奥にかけられている鳩時計も鳴き出して「ゆりあぺむぺる」の世界観に心地よくなるでしょう。



1Fの窓際席。年季の入ったテーブルクロス、柱、壁などが何とも言えないムードを醸し出しています。



ランチメニューのジェノベーゼ・パスタセット(1280円)を注文。
まずはサラダから。酸味強めのドレッシングがかかっています。



ジェノベーゼパスタ。パスタはもちもちの食感。タコのゲソも入っていて美味しいです。量は少なめ。



ブレンドは食後に持ってきてもらいました。
熱々の状態で、苦味・酸味は程々のスッキリした味です。



平日ランチタイム(11:30〜16:00)は1Fは喫煙席、2Fは禁煙席で分煙しています。
喫煙者の肩身が狭くなってきている昨今ですが、雰囲気抜群の「ゆりあぺむぺる」でゆっくり一服する時間は最高に贅沢です。

ちなみに店名「ゆりあぺむぺる」は宮沢賢治の詩集にある一節からとったのだとか。


・店舗情報
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-6
電話:0422-48-6822
営業時間:11:30~24:00
平日ランチタイム(11:30~16:00)は分煙


・ゆりあぺむぺる 地図

スポンサーリンク

ページ先頭へ戻る