うさぎ館
Cafe du Lievre(カフェ・ドゥ・リエーヴル)

UP DATE:2018.7.10

井の頭公園の森の中にあるカフェ。美味しいガレットとクレープを楽しめます。
ここは人形・絵画作家の吉田キミコ氏がオーナーで、温室をイメージしたという店内は彼女の世界観で溢れています。
雰囲気は「メルヘンチック」という表現がぴったりかも。

2018年2月1日にはリニューアル・オープンし、中道通りの人気カレー店「モンタナ」のカレーもメニューに加わりました。
「モンタナ」は現在カレーつけめんを提供しています。

スポンサーリンク

※内観写真はうさぎ館Facebookから引用

女性なら誰もが喜びそうな可愛らしい内観。店内からの景色は井の頭公園の緑で溢れています。



この日は友人と訪問。生ハム・卵とチーズのガレット、海老と帆立のクリーム煮のガレットを、それぞれスープ付きのCセットで注文。Cセットは1240円です。

まずはスープから。左がジャガイモの冷たいスープ・ビシソワーズ。右はトマトの冷たいスープ・バジル風味のガスパチョです。



こちらが生ハム・卵とチーズのガレット。
ちなみにガレットとはフランス・ブルターニュ地方の家庭料理。そば粉100%の食事クレープのことです。
見た目は薄いのですが、なかなかのボリュームでした。



こちらは海老と帆立のクリーム煮のガレット。



デザートにキャラメルバターのクレープも注文。570円。
見た目の印象より甘さ控えめで、モチモチの食感も楽しいです。
普段、あまり甘いものを食べない私ですが、これは美味しかった。



こちらはポークカリー。1030円。
キューブ型の特大ポークはトロトロでとても美味しいです。



食事と共に内観の雰囲気も素晴らしいので、いくつかご紹介。



窓際の席だと井の頭公園の景色を見ながら過ごせます。



店内にある地下に続く階段。1畳ほどの狭い空間にオーナーである吉田キミコ氏の作品が飾ってあります。
誰でも観ることができますよ。



スタッフの女性の方も、どことなくお店にマッチした雰囲気。
目が届きにくい窓際の端の席に座ったのですが、こまめに様子を見に来てくれて、気遣いを感じます。

井の頭公園散策の際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


・店舗情報
住所:東京都武蔵野市御殿山1-19-43
電話:0422-43-0015
営業時間:[平日]10:00~19:00(L.O.18:00)
[土・日・祝日]8:30~20:00(L.O.19:00)
定休日:無休
完全禁煙(庭に喫煙所あり)


・うさぎ館・Cafe du Lievre 地図

スポンサーリンク

ページ先頭へ戻る